セフレ

バックからのセックスで失敗しない挿入・腰の振り方。女を感じさせるポイント

この記事は約5分で読めるぞ!

更新日:

おっす!ひろしだ!

今回は、俺のLINEに問い合わせがあった回答

セックスのバック

についての話をしたいと思う。

 

以前にセックステクニック(セフレを長続きさせるセックステクニック※だれでも簡単にイカせられるポイント)について紹介したんだけど、バックからのセックスをしたいんだけどなかなかうまく行かないからバックからのセックステクニックについて教えてほしいと言う相談をもらったんだ。

 

まあ、たしかにセックスのバックは慣れないと挿入しにくいし、動きにくいから失敗しやすいよな。

で、もたもたしてるうちに女が乾いて・・・

となってセックスがさめてしまうみたいなことになったりするよな。

 

ってことで、今回は、

バックからのセックステクニック

の挿入から腰の振り方、バックからの体位までしっかりレクチャーをしたいと思う。

 

バックのセックスは苦手。

バックのセックスをしたことがない。

というやつは参考にしてみてくれな。

ひろし
俺も昔は、セックスでバックってほとんどしなかった。

なんか苦手だったんだよな。

あと、バックからするとすげぇ締まる女がいて早漏気味が俺は・・・わかるだろ?(笑

まあ、今は女が後ろからが好きだったら普通いやるけどな。

バックからのセックスが嫌いな女もいるが、バックから責められるのが好きな女もいるから覚えておいて損はないぞ!

バックからは苦手というやつは参考にしてみてくれな

バックのセックス【挿入方法】


バックのセックスは、女を赤ちゃんのハイハイのようなよつん這いポーズにさせ、しっかりと濡れていることを確認してからゆっくりと挿入していけ。

指で軽く触って濡れていなかったらバックのままクンニしてあげるといいぞ。

 

最初に挿入する時は女に肘を伸ばした状態にさせた方がいい。

一番スムーズに挿入できる高さになるからな。

 

いざ挿入する時は、両手で女の腰に軽く触れ、少しづつ挿れていこう。

男にはわからんが、このバックのセックスというのは、子宮のかなり奥まで挿入出来て、なおかつ男主導での体位となるから痛みを感じることがあるらしいぞ。

いきなりバコーン!っと勢いよく挿入するのはNGだからな。

 

バックのセックスは、濡れていることを確認してから徐々に挿入していくことを忘れるなよ。

 

バックのセックス【腰の振り方】


バックのセックスは、腰だけを使う方法とお尻に力を入れて状態を反らし気味に腰を振る方法がある。

どちらも言うまでもなく気持ちいいのだが、奥まで挿入したいなら後者だ。

 

お尻に力を入れ、「パン!パン!」と音がなるような感じで力強く腰を振ってあげるといいぞ。

ただあまり奥まで挿れると、痛がる女もいるから注意してくれよな。

 

リズムよく出したり挿れたりの繰り返しなら腰だけを使ったバックのセックスがいい。

犬の交尾を見たことがあると思うが、まさにあんな感じだ。

是非犬を見習ってほしいのだが、あれだけリズムよく腰を動かせるようになったらお互い気持ちよくなれること間違いなし。

 

また前後に腰を振るだけで無く、左右に動かしてあげるとなおいいぞ。

女は穴の中全体をかき混ぜられるから、気持ちよさがさらに高まるらしい。

 

バックのセックスは、腰とお尻を使い分け、前後左右にリズムよく腰を振っていくことが大切だ。

 

バックからのセックスの体位


バックの体制でのセックス(後背位)には、主に4つの体位があり、どれも心身ともに異なる快楽を味わうことができるぞ。

もしかして基本的な四つん這いバックしかやってないなんてことは無いよな?

それだけではバックのセックスの半分以上を損しているぞ(笑

 

4つの体位をマスターすることで、バックのセックスがもっと楽しめること間違いなしだ。

それじゃぁ、それぞれのバックからのセックスの体位を詳しく説明していこう。

 

四つん這いバック


バックのセックスで最もオーソドックスなのが四つん這いバックだ。

前述したが、両手で女の腰を持ち、出したり挿れたり前後に腰を振るバックのセックスだな。

 

多くの男が持つ女への支配力を感じることができる。

女にとっては非常に恥ずかしいポーズで、後ろからの眺めは最高だ(笑

 

バックのセックスをする場合には、まずはこのよつん這いバックから始めてみろ。

 

立ちバック


男も女も立った状態で両手で女の腰を持ち、腰を前後に振るバックのセックスが立ちバックだ。

よつん這いバックとは異なり、開放感を味わえるぞ。

 

よほど背丈の違いが無ければ、立ったまま丁度いい高さで腰を振れるため、男の疲労が少ないのも立ちバックの特徴。

ベッドの上というよりは、女が机や壁に手を置くスタイルが一般的だ。

 

いつものベッド上では無くため、一味違った興奮がある。

女の曲線美がハッキリと見えるのも立ちバックのメリットだ。

 

よつん這いよりもより支配力を味わえるから、Sっ気の男におすすめのバックのセックスだな。

 

寝バック


寝バックは、女の柔らかなお尻を感じることができるバックのセックスだ。

お尻と太ももの両方でちんこを挟んでいる状態になるため、よつん這いのバックよりも気持ちよさが倍増するぞ。

 

ただしあまり奥まで挿入できないのがデメリット。
(よほどちんこが大きければ話は別だが…)

風俗のバック素股と同じ体制のため、時に挿入していると勘違いし射精してしまうことも(汗

 

またガリガリに細い女よりは、少し肉付きのいい女の方が寝バックは気持ちいい。

寝バックは、女にとって比較的恥ずかしくないバックのセックスのため、嫌がる女もいないだろう。

 

上体を起こしたバック


上体を起こしたバックは、よつん這い状態からの応用のバックのセックスだ。

男はそのままで女だけが上半身を上げ、基本的には男が女の片手を持って状態で前後に腰を振る。
(この時女のもう一方の手はベッドに付いている)

 

女の両手を持ってしまっても構わないが、そうなると女にとって結構辛い体勢となる。

どちらか一方の手だけにしておくことをおすすめする。

 

言い方は悪いが、このバックも女を犯しているという危ない支配力を実感できるぞ。

上体を起こしたバックは、基本のよつん這いがスムーズにできるようになってからやるべきバックのセックスだ。

 

バックで女をイカせるセックステクニック


バックのセックスは、膣内で感じることが出来なかったり、セックスの経験が少ない女だと痛いのを我慢するだけのセックスになってしまう。

だからこそ膣内でイカせるセックステクニックが必要となる。

 

大前提としてしっかり濡れていること。

どんなに素晴らしいセックステクニックを持っていても、濡れていない状態でのバックのセックスはただ痛いだけ。

女をセックス恐怖症にさせてしまう恐れがある。

 

バックのセックステクニックで重要なのは、まず女の股を閉じさせることだ。

こうすることで膣内のGスポットにちんこが当たりやすくなる。

 

そしてただバックでセックスをするだけではなく、手を使ってクリトリスや乳首を愛撫してあげることも重要だ。

女に覆い被さるように体を女の背中を密着させながら愛撫をする感じだな。

女の顔を持ち上げて振り向かせ、軽くキスしてあげるのも重要なセックステクニックだ。

 

バックで女をイカせるセックステクニックは、とにかく女に痛い思いをさせることなく最初は優しくし、愛撫やキスで気持ちよくさせてあげることが大切だ。

 

バックでセックスをする時の注意点


バックでセックスをする時の注意点として最も重要なのは、前述した通り「女に痛い思いをさせないこと」だが、他にもいくつかる。

痛がる女を見て興奮するやつもいるようだが、それは男として最低の行為だからな。

 

バックのセックス中に髪の毛を引っ張ったりお尻を叩いたり(スパンキング)するやつもいるようだが、それはご法度だ。

海外のセックスの中でスパンキングは普通に行われているようだが、日本人でスパンキングが好きな女はそれほど多く無いからな。
(暴力的で優しくされていないと思うらしい)

 

あと、初めてバックのセックスをする際、間違えてアナルに挿れてしまいそうになる。

アナルが開発されている女ならまだいいが、そうで無い女に挿れてしまったら100%嫌われるぞ。
(っと言ってもアナルは濡れていないから無理やりブチ込ま無い限り大丈夫だが…)

 

またバックのセックスは男女ともに非常に気持ちのいい体位だ。

慣れないうちは射精を我慢するのが正直大変だと思う。

勢い余って射精してしまわないように、時折腰振りをストップさせ、数秒の休憩を挟むといいぞ。

 

以上の注意点を頭に入れておき、バックのセックスを思う存分楽しんじゃおうぜ。

ひろし
ブログを書いていたら、無性にバックのセックスがしたくなってきたぜ(笑

たまには地元の風俗で本番交渉でもしてバックのセックスを楽しんじゃおうかな!

箱ヘルでも本番交渉は余裕だしな。

とにかくバックのセックスで女のケツをぶっ叩きたい!!
(注意点で書いたが、基本的にはスパンキングは駄目だぞww)

-セフレ
-, , , ,

Copyright© ひろしのタダマンブログ・エロ体験談 , 2019 All Rights Reserved.