海外風俗 風俗体験レポ

マニラのマッサージ嬢をホテルに呼んでみた。【体験談】ヤれる?リンガムって何?

更新日:

このページでは、マニラのマッサージ事情について詳しくまとめ、実際に俺(ひろし)がマニラのマッサージ嬢を呼んだ時の体験談も書いていく。

このページに書いてあること

  • マニラのエロマッサージ【リンガム】
  • マニラのマッサージでおすすめの店はどこ?
  • マニラのマッサージでヤれるの?料金はいくら?
  • マニラのマッサージパーラーとは?場所は?
  • マニラのマッサージを利用した体験談

など、マニラのマッサージについて色々と記事にしていこうと思う。

純粋にマッサージで気持ちよくなりたい方、またできれば一緒にエロも楽しみたい方の参考になれば嬉しい。

 

フィリピンは、マッサージが安くて有名だ。

日本の女性がフィリピンへ旅行に行く主な目的の一つがマッサージだそうだ。

まあ、俺たち男は別のマッサージなんだけどな(笑

 

フィリピンのマッサージは、オイルマッサージ(スウェディッシュマッサージ)、タイ式マッサージ、そしてフィリピン伝統のヒロットマッサージなどが人気みたい。

俺は、普通のマッサージをフィリピンでは受けたことがないから知らない(キリッ!)

 

 

しかしフィリピンのマッサージは男の喜ぶマッサージも有名だ!

純粋にきもちいいマッサージを希望する女性とは異なり、男はエロマッサージが大好きなもんだ。

ある意味、気持ちいいマッサージだが。。

 

そこで今回は

フィリピンのマニラにあるエロマッサージを紹介したいと思う。

 

見た目は純粋なマッサージ店なのに、終わりに近付くにつれエロマッサージに・・・・

と言う、実はエロマッサージ店って言うプライズも普通にある。

 

フィリピンのマニラで焦らしありのスケベなマッサージを受けたい

フィリピンの普通のマッサージ店でスペシャルサービスを受けたい

という人は、知っておいて損はないと思う。

 

 

フィリピンでエロと言うと、

置屋ゴーゴーバーなどのプロ(セミプロ?)や

フィリピンの出会い系サイトも面白い。

でも、フィリピンのマッサージの手軽さエロさコスパもなかなか捨てがたい。

 

一度もフィリピンのエロマッサージを受けたことがない人は、試してみるのがおすすめだ!

 

ひろし
今回は、フィリピンのマニラに1週間滞在したが、エロマッサージは4回利用。

店舗型、出張型それぞれ2回づつ。

一つ言いたいのは手軽でコスパが最高。

日本にもあればいいのに!(笑)

日本ではありえないことが起こる、それがマニラのマッサージだ。

 

マニラのエロマッサージ【リンガム】って何?どこで受けられる?


「リンガムマッサージ」とはいわゆる男性器へのマッサージのこと。

日本では「回春マッサージ」「性感マッサージ」と呼ばれるものです。

 

回春マッサージについては「神戸回春マッサージ倶楽部に行ってきた。手コキ風俗って実際どんな感じ?」で体験談を公開しているから是非読んでみてくれ。

 

リンガムマッサージならフィリピーナの優しい手付きで入念にマッサージしてくれる。

 

よつん這いの体勢になるよう指示されることも。

これがめちゃくちゃ恥ずかしいんだが、その羞恥心がリンガムマッサージの気持ちよさを倍増してくれる。

 

セラピストによってはアナルをいじられることも。

最後は基本的に手コキでフィニッシュだ。

 

ただリンガムマッサージはセラピストによってテクニックが全然違う。

上手いセラピストによるリンガムマッサージは、本番するよりも気持ちいいぞ。

 

マラテエリアでリンガムマッサージを受けられる場所「RED MASSAGE」


マニラのマラテエリアでおすすめは「RED MASSAGE」

韓国人客の多いマッサージ店ですが、日本人も多い。

 

場所も「Malate Bayview Mansion」の一階と非常にわかりやすい。

【地図】

【料金表】

オイルマッサージ(60分) 800ペソ
オイルマッサージ+リンガム(80分) 1,300ペソ
オイルマッサージ+リンガム+シャワールーム(80分) 1,600ペソ
オイルマッサージ+リンガム+洗体サービス(100分) 1,800ペソ

 

店内至る場所に「NO SEX」と書かれた看板が貼り付けられている。

だからRED MASSAGEは基本的にはヤれない。

 

でも個室だから、交渉次第ではヤらせてくれるかもしれない。

 

しつこく交渉すると「レイプだ!」と通報される可能性もあるのでご注意を。

 

マニラのおすすめマッサージパーラー「エアフォースワン」とは?ヤれる?


マニラのパラニャーケという場所に位置するエアフォースワン。

エアフォースワンはエロの複合施設であり、KTVとマッサージが楽しめる。

 

有名なマッサージパーラーのため、マニラ初心者にもおすすめだ。

 

ちなみにエアフォースワンは表向きはマッサージ店。

だから、受付で「セックスができますよ!」と案内されることはない。

 

一通りのマッサージが終わった後、嬢の方から

「スペシャルいかがですか?」

と誘惑してくる。

 

ここでチップを支払うことで本番ができるわけだ。

【地図】

【料金表】

エコノミークラス 1,200ペソ
ビジネスクラス 2,500ペソ
ファーストクラス 3,000ペソ
本番チップ 1,200~3,000ペソ

 

3つのクラスに分かれていますが、ビジネスとファーストは同じ嬢だ。

ただプレイ時間や部屋の豪華さに違いがある程度。

 

エコノミーの嬢でも十分に可愛い子はいるから、わざわざ上のクラスを利用するまでもない。

 

マニラのマッサージ「ホーム&ホテルサービス」(出張型)がおすすめ


ここまで店舗型のマッサージをご紹介してきたが、俺がおすすめするのは出張型。

とは言っても、デリヘルではない。

 

純粋なホーム&ホテルサービスのマッサージだ。

 

つまり

基本はエロ無しのピュアマッサージのみ!

 

ただここはマニラ。出張型のピュアマッサージでも、

80%以上の確率でエロOK!

交渉次第では本番もできるぞ。

 

出張型マッサージの呼び方と注意事項


マニラの出張型マッサージの呼び方はとっても簡単。

現地で使える携帯電話を持っている場合は、ショートメッセージを使ってマッサージ店にメッセージを送信。

 

マッサージ店は、現地日本語新聞や日本語フリーペーパーなどに広告が掲載されているからチェックしてみてくれ。

 

メッセージ内容は、

・宿泊しているホテル名

・部屋番号

・名前(フルネーム)

・マッサージコース(60分、120分など)

だけで問題ない。

 

例えば「Hilton hotel. room502. hiroshi tanaka. 60min」これだけでOK。

するとすぐに返信があるから、何か質問事項があれば、同じようにショートメッセージでやり取りしよう。

 

携帯電話を持っていない場合は、ホテル備え付けの電話を利用して口頭で上記の内容を伝える。

 

簡単な英語で全然大丈夫。

「i want massage now. ok? Hilton hotel. room502. hiroshi tanaka. 60min」

という感じで片言の英語で十分通じる。

 

この時、「どんな子に来てもらいたいのか」をハッキリ伝えることをおすすめする。

「スリム」「ヤング」「チャビー(小太り)」などで構わない。

 

意思表示しないとデブスやオバサンが来る可能性があるから要注意。

 

セラピストがホテル到着すると、ホテルカウンターを通じて部屋に電話がかかってくる。

この時、ただの訪問客(友達)だと言い切ることが大切。

 

マッサージということが知られると、ホテルチャージを別で請求されることがあるからだ。

あとは部屋まで直接来てくれるので待つだけだ。

 

出張型マッサージの料金やエロ交渉について


マニラの出張型マッサージの料金は、

1時間300~400ペソが相場

ホテルの場所によっては別途交通費を請求されることがあるから、事前に確認をしておこう。

 

基本料金の中に「スウェディッシュマッサージ(オイルマッサージ)」「指圧マッサージ」が含まれている。

 

基本マッサージのみだったら、最後に100ペソほどチップをあげるといいだろう。

 

もしエロ交渉をする場合には、

「スペシャルOK?」

と聞けばOK。

多くの場合「手コキ」のみでチップ500~1,000ペソほど。

 

本番となると2,000~3,000ペソを要求してくることがある。

ちなみに俺の場合は、いつも2,000ペソで本番交渉をしている。
 

明らかに手付きがエロい場合、エロ交渉成功の確率が非常に高くなる。

 

例えば

・太ももやお尻周辺へのマッサージを入念に行う

・マッサージ中に指先が玉にあたる

・仰向け状態のマッサージ中に性器周辺を触る

など。

 

このようなセラピストには積極的にエロ交渉しよう。

ひろし
エロ交渉する相手は慎重にな!

中には本当に真面目にセラピストとして働いているフィリピーナも多くいるからだ。

判断を誤ると面倒なトラブルに巻き込まれることもある。

まぁ、それでも十中八九交渉成立するけどな(笑)

 

マニラの出張型マッサージを利用した体験談


連日連夜のセックスとKTV遊びで疲れが溜まっていた。

そこでスマホを使い、ホテルへ出張してくれるマッサージを探すことに。

 

今日はエロ無しだ。

純粋にオイルマッサージでリフレッシュしよう!

 

マッサージを呼ぶ前はそう思っていた。

 

ただセラピストが小柄でスリムな俺好みのフィリピーナとなったら当然話は別。

今回はそんなピュアマッサージ店のセラピストをホテルに呼び、

肉体関係まで持った体験談を書いていく。

 

セラピストへエロ交渉する際の参考になればと思う。

 

LINEを使って出張マッサージを依頼!なんとか理解してもらえた


現地の日本語新聞「マニラ新聞」の広告欄でマッサージ店をチョイス。

いくつかあったが俺が選んだのは「サクラマッサージ(仮名)」

 

1時間250ペソと他と比べて安かったからだ。

LINEのIDが公開されていたので、早速連絡する。

19歳の細いセラピストが30分後に来る。

 

俺の好みを理解してくれて何よりも嬉しい。

 

ただここはフィリピンだ。

本当に細くて若いセラピストが来ると100%信用はできない。

 

日本でも裏切られるくらいだ。

フィリピンならなおさらだろう。

 

予想以上のセラピストが来た!マジでどストライクなフィリピーナ!

30分後?

すでに1時間は経過している(汗)

 

やはりその辺はフィリピンスタイルだった。

やっと来た。

結局1時間20分ほど待った(汗)

 

すぐに、部屋の電話が鳴る。

 

俺「hello」

ホテル「Visitors are coming. Can I invite to your room?」

俺「ok. she is my friend」

ホテル「ok,thank you」

 

電話を切って2分程度でドアをノックする音が聞こえた。

 

高鳴る気持ちを抑えながらドアを開ける。

 

パッと見てすぐに心の中でガッツポーズしたのは言うまでもない。

マジでどストライクなフィリピーナだ。

 

少し紳士なフリをしてセラピストを椅子へ案内する。

 

嬢「ワタシスコシニンゴシャベレマス」

俺「本当!?よかった!すぐにマッサージするの?」

嬢「ハイ、ソウデス。フクヲテイクオフシテベッドニネテクダサイ」

俺「OK!」

 

言われるがまま、パンツ以外の服を全て脱ぎ、ベッドに横になる。

まずはオイルマッサージだ。

 

超気持ちいい!焦らしのマッサージから本番交渉をしてみた結果

※イメージ画像
さすがにマッサージ中の撮影は難しい(汗)

 

オイルマッサージは本当に気持ちいい。

ただこれって性感マッサージと何が違うのか?(汗)

 

優しくオイルを体中に塗っていくだけのマッサージ。

身体的な気持ちよさは殆ど無い。

 

背中のマッサージが終わり、次は下半身だ。

※イメージ画像

足の付根から太ももへ優しくマッサージしてくれる様は完全に性感マッサージだ。

この時点で息子が超元気になっている。

 

嬢「キモチイイデスカ?」

俺「はい、凄い… 本当に気持ちいいです」

 

股の間に手を入れた時、一瞬玉に指先が当たる。

ビクッとなるのだが、嬢は全く気にせずマッサージを続ける。

 

まさに焦らしのマッサージだ。

※イメージ画像

嬢「オナカマッサージスルノデウエヲムイテクダサイ」

俺「いや、ちょっと待って… 今は恥ずかしいです」

嬢「ナンデ?モウオワリガイイデスカ?」

俺「あ、ちょっとだけ元気になっちゃってるから(汗)」

 

どうやらわかってくれたようで、クスッと笑っている。

到底息子が収まる気配は無い。

 

こうなったら駄目元だ!

 

俺「ねぇ、スペシャル大丈夫ですか?」

嬢「エ… ハズカシイデス。イツモピュアマッサージダケダカラ」

俺「2,000ペソあげるよ。お願いします」

嬢「ウーン… ワカリマシタ。ダイジョブです」

 

ここからはセラピストと客という関係は無い。

男と女の大人の関係だ。

 

今にも折れそうな細い身体!3つの体位変えから最高のフィニッシュ!


挿入前に少しだけ身体を堪能させてもらう。

それにしても細い…

俺のドデカ息子は入るのか?(笑)

 

そしてびっくりするほど小さなお尻。

もう少し大きい方がいいのだが、身体の細さを考えたら仕方ないのか。

 

普段はめったに舐めてあげることは無い。

でも今回はどうしても舐めてみたくなった(汗)

 

シャワーをしていないので少ししょっぱさがある。

 

いよいよ挿入だ!

もちろんゴム無し生ハメ!

 

生理を安定させるためにピルを飲んでいるらしい。

つまり中出しOKということ。

 

締めつけ感が凄い!!

これでは一分も我慢できないぞ!!

 

すぐに別の体位に変えて細い身体を満喫。

 

やはりそこは素人。

騎乗位でのテクニックは何も持ち合わせていない。

 

気持ち良くフィニッシュするためにバックスタイルへ!

急いでベッドを下りて椅子へ誘う。

 

ヤバい!いく!!

バックスタイルにした途端、締め付けがさらにきつくなった。

 

最後はやはり正常位!

 

見事にフィニッシュ!

挿入して3回体位を変えているが、所要時間は3分ほど。

 

もっとチントレをしないといけないな。

 

俺「ありがとう。君は最高に可愛いよ」

嬢「ハハハ!マタシメイシテクダサイネ」

俺「もちろんさ!今夜また指名しちゃうかも(笑)」

嬢「OK!OK!デモセックスシタコトハミセニハシークレットネ」

 

店に内緒って…

きっと店もセックスして稼いでいることは知っていると思うぞ。

 

マッサージを始めてから2時間が経過。

チップの2,000ペソとマッサージ代金500ペソを渡す。

 

最後に別れのキスをして部屋を出ていった。

あの子で2,000ペソなら次回もありだな。

 

スッキリした俺は、夜の遊びに向けて2時間ほど昼寝をすることにした。

 

マニラのマッサージの総合評価


今回はフィリピンのマニラで呼べる出張型のマッサージを利用した体験談を紹介してきた。

徐々に迫りくる焦らしからの抜きを楽しみたい方におすすめだ。

 

悪い言い方だが、フィリピンなら少しお金をあげれば簡単にセックスできる。

もちろん全てのフィリピーナがそうではないが、日本人の女と比べたら圧倒的にヤれる女が多い。

 

日本人の女でヤれる女を探す場合には、PCMAXワクワクメールハッピーメールなどの出会い系サイトが一番簡単だが、フィリピンならもっと口説きやすい。

 

またフィリピーナと出会えるAsianDating.com(アジアンデーティング)でも、ヤれるフィリピーナを簡単に探せるから、是非無料登録をして試してみてくれよな。

記事が面白かったらワンクリックお願いします
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-海外風俗, 風俗体験レポ
-, , ,

Copyright© ひろしのタダマンブログ・エロ体験談 , 2018 All Rights Reserved.