海外風俗 風俗体験レポ

マニラの置屋に行ってきた!【マジやばい!体験談】ぼったくり?場所・料金システムまとめ

更新日:

今回はマニラの置屋に行って体験してきたマジやばい話を書いていこうと思う。

またマニラの置屋について知識の無い人のために、マニラの置屋はどこにあるのか?料金やシステムはどうなっているのか?などもまとめていく。

このページに書いてあること

  • マニラの置屋はどんなところ?
  • マニラの置屋の場所は?タクシーで行ってもいい?
  • マニラの置屋のシステムやお持ち帰り料金は?
  • マニラの置屋を利用した恐怖の体験談
  • マニラの置屋で遊ぶ際の注意点は?

など、マニラの置屋について詳しく記事にしていこうと思う。

マニラには違法で営業している風俗店がいっぱいある。

中でも有名なのが「置屋」

 

置屋と言えば、日本では芸妓さんや舞妓さんが日常生活を送る家で、そこから料亭やお茶屋に出掛けていくもの。

 

そう考えればマニラの置屋も似たようなものかもしれないな。

でも、マニラの置屋は意味合いが全く違う。

 

マニラの風俗の中でも、華やかなKTVゴーゴーバーとは異なり、置屋はアンダーグラウンドな風俗。

 

そんな置屋は、

■とにかく安くフィリピーナとセックスがしたい

■ただヤルだけ!他は何もいらない

■日本では考えられない非日常的な風俗に行きたい

という人におすすめ。

 

最初に一つだけ言っておくぞ。

置屋は「開業⇒摘発⇒再開業⇒摘発…」を繰り返している。
※中には数年に渡って摘発されずに営業している置屋もあるが… 多分警察に上納しているのだろう。

 

もし置屋を利用する時には、全て自己責任でお願いしたい。

何があっても俺は責任を負わないからな。

ひろし
マニラ初心者がいきなり一人で置屋に行くのはおすすめできない。

置屋自体ではなく、置屋周辺は非常に治安の悪い場所が多いからだ。

今回、いくつか置屋の場所も教えるが、できれば行かない方がいい。

どうしても行きたい場合には、ベテランさんや現地の信頼できるガイドと一緒に行くことを強くおすすめする。


 

 
なお置屋情勢は利用する人や時期により大きく異なることがある。

 

ここに書かれている内容が100%正しいとは限らない。

 

マニラの風俗「置屋」とは?どんなところなの?


置屋とは、店内で女を選び持ち帰りできる風俗だ。

お酒やカラオケを楽しめる置屋もあり、その場合には「カラオキヤ」と呼ばれる。

 

一般的な置屋は、入口付近にズラーッと女が座っている。

この光景は圧巻だ。

 

座っている女の顔やスタイルなどを入念にチェックし、気に入ったらお金を払うことでホテルへお持ち帰りができる。

 

言い方は悪いが、女という「商品」を品定めして買うだけのお店。

 

ただし置屋営業はフィリピンの法律により違法行為だからな。

摘発に巻き込まれる可能性もあるから十分に注意されたし。

 

マニラの置屋の場所は?【アクセス方法と地図】


マニラにある置屋をいくつか紹介していくが、全て店名は伏せさせていただく。

なお、マニラに慣れていない人が、ここで紹介する置屋へ一人で行くのは避けた方がいいだろう。

 

置屋はアンダーグラウンドな風俗。

「触らぬ神に祟りなし」だ。

 

もちろんベテランさんからしてみれば「は?置屋なんて普通だろ?余裕だよ。」だと思うが(笑)

 

①ベテランさん御用達!一見ただの民家のような置屋


何度もマニラへ訪れているベテランさんなら誰もが知る置屋。

見た感じはただの民家にしか見えない。

 

しかし実際には女の在籍数トップクラスを誇る人気置屋なのだ。

 

ピンク色のソファに20~30人ほどの女が座っている。

場末感を楽しみたい方におすすめだ。

 

【地図】

 

②知る人ぞ知る!危険ゾーンに位置する小規模な置屋


この画像の場所はあくまでもヒントであり、この建物は置屋ではない。

 

上記で紹介した置屋から徒歩圏内にある小規模な置屋。

在籍数は少なく、10人ほど。

 

非常に分かり辛い場所にあり、危険ゾーンでもあるため細心の注意が必要だ。

 

【地図】

 

③繁華街から徒歩圏内!マラテ地区にある置屋


マラテエリアにあるレメディオス サークル近くの置屋。

ここは「BAR」と表示されているのでわかりやすい。

 

夜になると数人のフィリピン人が外に立っているから声をかければ中に入れてくれるぞ。

在籍数は15~20人ほど。

 

【地図】

 

④複数の置屋が並ぶエルミタエリア


エルミタエリアには複数の置屋がある。

いわゆるカラオキヤも多いのが特徴。

 

ただし摘発が頻繁に行われているエリアだから、利用には注意が必要だ。

 

また夜はホールドアップの多いエリア。

警戒心を常に持とう。

 

【地図】

 

マニラの置屋の料金システムは?タクシーで行く時には注意


マニラの置屋の料金は各店バラバラ。

店によって多少の違いがあるし、客によっても違う。

 

あくまでも相場だが、

・ショートタイム(2時間程度):2,000~3,000ペソ

・ロングタイム(朝まで):3,000~4,000ペソ

こんなところだ。

 

相場以上にふっかけてくる場合には、必ず値下げ交渉をしよう。

ほぼ100%の確率で、最終的には相場にまで落とすことができる。

 

また上記金額の他に、女へ直接にチップを渡すと喜ぶぞ。

チップは500~1,000ペソ程度。

 

そして置屋にタクシーで行く時には要注意!

置屋からタクシー運転手へ紹介料が支払われるため、その分お持ち帰り料金が高くなってしまう。

 

少しでも安く済ませたいなら、タクシーの利用は避けるべきだ。

 

マニラの置屋の女のレベルはどう?可愛い?ブス?


マニラの置屋はゴーゴーバーに比べてお持ち帰り料金が圧倒的に安い。

そこで気になるのが、女のレベル。

 

ハッキリ言ってしまえば「安かろう悪かろう」だ。

残業ながら容姿はあまり期待できない。

 

しかし、当たりは必ずいる!

え!?こんな可愛い子が置屋で働いてるの!?

っと驚くような高レベルの女も見かける。

 

そんな可愛い女と置屋で見つけるには、なるべく早い時間帯に入店すること。

午後10時以降に行っても売れ残りのブスばかりだ(汗)

 

狙い目は午後7-8時頃。

24時間営業の店ならお昼過ぎ頃を狙ってみるにも◎。

 

マニラの置屋で初めてお持ち帰りした時の体験談【マジやばい!】


今でこそ一人で何度も置屋に行っている俺だが、初めて置屋に行った時の恐怖は今でも鮮明に覚えている。

そこで今回は、置屋で初めてお持ち帰りした時の体験談を書いていく。

 

実際には恐怖でもなんでもない。

ただ初めて置屋に行った時には、誰もが「死」を覚悟するだろう。

いや、大袈裟か(汗)

 

それは2年前の8月のことだ。

何歳になっても好奇心旺盛な俺は、ネットで調べただけのとある置屋へ。

 

タクシーで置屋に向かう!ボラれて運ちゃんの言いなりな俺


今も昔も変わらない俺が宿泊するホテル。

マラテのアドリアティコストリートに位置するホテルだ。

 

置屋に行こうと決めたのは午後4時頃。

まだマニラに慣れていなかった俺は、夜一人で遠出するのが怖かったからだ。

 

ホテルの前でタクシーを止め、行き先を告げる。

 

タクシー「カーサ(置屋)か?場所は知っているのか?」

俺「はい、知っています。この地図通りに進んでください」

タクシー「あぁ、ここなら知ってるよ!500ペソでどうだ?」

俺「じゃぁ、それで行ってください」

 

ホテルから置屋のある場所まで500ペソ。

今思えば超ぼったくりだ(汗)

 

実際には150ペソも払えば十分に行ける距離だからだ。

 

全く知らない場所。

本当に目的の置屋に到着するのか?

 

タクシー「もう近くだ。帰りは置屋の前で待ってるからな」

俺「ありがとう。助かります」

タクシー「貴方は友達だよ!ノープロブレム!」

 

フィリピン人はすぐに「フレンド!」と呼ぶ。

友達ならしっかりメーターを使って走ってもらいたいものだ。

 

さぁ、着いたぞ。ここだ。

え?どこ?(汗)

最初は戸惑ったが、この植木鉢が並んでいるところに入口があるらしい。

 

植木鉢で入口が見えないようにしているようだ。

そして2階の窓からは常に警察を警戒し見張りまでいるとのこと。

がっつり違法なんだな(汗)

 

タクシー「よし、一緒に行こう!案内してやる」

俺「ありがとう」

 

タクシーを路駐し、置屋入口へ向かう。

 

異様な雰囲気!場末感が漂う置屋店内に恐怖を感じる

置屋の入口には3人ほどのフィリピン男性がいる。

タクシー運転手と何やら話をしている。

 

その後一人のフィリピン人が誰かに電話をする。

誰と何を話しているんだ?

まさか、俺をいいカモだと考え、拉致監禁でもするのではないか…

 

この時は本気でビビっていたことを覚えている。

 

タクシー「友達!入っていいそうだ!こっちへ来い!」

俺「あ、あぁ、わかりました」

 

恐る恐る植木鉢の後方にある入口へと向かった。

この先にいったい何があるんだ?

本当にここは置屋なのか?

 

さっき電話で何かを話していたフィリピン人が入口のドアを開けてくれる。

中を覗いてみると、そこは別世界!

 

ありえない光景が目に入ってきた。

20人くらいはいただろうか。

セクシーなドレスに身を包んだフィリピーナがソファーに腰掛けている。

 

この中から好きなフィリピーナを選んで持ち帰りしてもいいらしい。

 

異様なまでの非現実的過ぎる光景に恐怖すら感じた。

しかも心なしかフィリピーナ達が男に囚われているようにも見える。

フィリピーナ達は俺に

「私を選んで!」

っとアイコンタクトを送ってきている。

 

全員笑顔なのだが、内心は笑っていないようにも見えた。

 

タクシー「好みの女はいるか?どれを持って帰る?」

俺「一人すごいタイプの子がいる。でも本当にいいの?」

タクシー「ノープロブレム!誰だ?」

 

俺は少し背が高くスリムな女の子を指名。

本当にいいのか… これは人身売買っぽいぞ(汗)

 

ただの風俗だと思えばいい。

風俗でタイプの女を指名しているだけだ!

 

そう自分に言い聞かす。

 

 

指名したフィリピーナはすぐに私服に着替えて戻ってきた。

少し怯えているようにも見えた。

 

男「じゃぁ、ショートで4,500ペソだ」

俺「OK!今ここで支払えばいいの?」

男「そうだ。支払ったら一緒にタクシーで連れて行っていい」

 

当時は、この4,500ペソという料金がとっても安く感じていたのを覚えている。

日本円で10,000円。

 

でも今思えばこの料金はぼったくりであり、普通ならショートで2,000ペソでもお持ち帰りができたのだ。

 

男に4,500ペソを渡し、その男からタクシー運転手に500ペソが支払われた。

紹介料なのだろう。

 

俺とフィリピーナは特に挨拶もすることなく、タクシーに乗り込む。

フィリピーナにとっては「ドナドナ」の世界なのかもしれない。

 

置屋、マジやばい風俗だ。

お持ち帰りされたのが初めてのフィリピーナ!完全にド素人だった!


タクシーに乗って20分。

いつもの見慣れた風景に戻ってきた。

 

ただ一つ違うのは、隣にドナドナ状態のフィリピーナがいること。

車内で一言も話すこと無くホテル近くに到着。

 

タクシー「往復のサービスだから3,000ペソだ」

俺「はぁ?最初500ペソって言ったよね?往復なら1,000ペソでしょ?」

タクシー「だから貸し切りのサービス料金だ。ガイドもしてやっただろ?」

 

マニラはこんなタクシーばっかだ!

無用なトラブルは避けたい。

 

俺はこれ以上文句を言わず、3,000ペソを支払った。

 

タクシー「ありがとうフレンド!グッドラック!」

 

何がありがとうだ。このぼったくりタクシーめ!!(怒)

(ほんと、当時はぼったくられてばっかだったな…)

 

ホテルから少し離れた場所で止めたので少しだけ二人で歩く。

スタイル抜群のフィリピーナ。

もうぼったくりのことは忘れて今を楽しもう!

 

俺「名前はなんていうの?」

置屋女「ミッシェルです。よろしくお願いします」

俺「ミッシェル、君は可愛いからたくさん指名あるでしょ?」

置屋女「違う!今日初めての出勤です」

 

そう、このミッシェル。

今日初めて置屋で働くことになり、しかも風俗経験は0とのこと。

 

完全に素人フィリピーナ!

まさかの大当たり。

 

少し恥ずかしそうな感じだったので、俺から手をつないでエスコート。

そのままホテルへと入る。

 

置屋最高!最後は中出しでフィニッシュ!


ここから先は他の体験談(⇒KTV ⇒ゴーゴーバー)のように一部始終を淡々と伝えていく。

スケベに集中しどんな会話をしていたのか覚えていないからだ(汗)

 

脚フェチにはたまらん!

美味しそうな太もも。

 

プリッとした形のいいお尻。

 

ショートパンツの上から秘部を刺激。

これ、結構興奮するよな(笑)

 

素人だからか、フェラテクはそれほどでもない。

でも一生懸命しゃぶるその姿に興奮する。

 

最高に気持ちいい!

フィニッシュは騎乗位!!

 

常時ピルを飲んでいるらしく、最後は騎乗位でそのまま中出し!

やっぱり中出しはいい、、、

 

こんなにも可愛い素人フィリピーナとヤレたことに大満足。

2時間たっぷりと楽しませてもらった。

 

どうやらミッシェルは、また置屋に戻るらしい。

チップ1,000ペソと交通費200ペソを渡す。

 

俺「ミッシェル、ありがとう!また遊ぼうね」

置屋女「うん、また遊ぼ!素敵な時間をありがとう」

 

帰るミッシェルの後ろ姿に、何か寂しさを感じる。

男にとって置屋は確かに最高の風俗だ。

 

でも、女はどうなんだろう…

無理やり働かされていないことを祈るだけだ。

俺達男のために頑張っている置屋のフィリピーナに感謝。

 

そして後日、淋病が発覚したことは伏せておく。

マニラの置屋の総合評価


今回はフィリピンのマニラにある置屋を利用した体験談を紹介してきた。

「好みの女とセックスだけを楽しみたい!」

という方におすすめの風俗だ。

 

ただし中には未成年者が紛れていたり、俺のように病気を移されてしまうこともあるので注意しような。

 

マニラの置屋の特徴をまとめると、

・全体的に容姿レベルは低い
・ぼったくりが無ければ安くセックスができる
・初めて置屋の店舗に行った時には恐怖を感じる

こんな感じか。

 

本当の素人フィリピーナとセックスがしたいならアジア人がいっぱい集まる出会い系サイトがおすすめ!

フィリピンが恋しくなり、日本でセックスがしたくなったら、ワクワクメールPCMAXでセフレを見つけるのも賢い方法だな。

記事が面白かったらワンクリックお願いします
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-海外風俗, 風俗体験レポ
-, ,

Copyright© ひろしのタダマンブログ・エロ体験談 , 2018 All Rights Reserved.