セックス

寝バックは中イキさせやすい最強の体位【早漏に特におすすめ】

この記事は約9分で読めるぞ!

更新日:

寝バック

おっす!ひろしだ。

セックスって女がかわると体位も変わるんだよな。

正常位しか嫌な女もいれば、バックからのセックスが大好きな女もいるしな。

 

普通のバックからのセックスは女が踏ん張るからかちょっと締まりがよくなるんだよな。

なので、バックからのセックスはちょっと早漏気味(涙)

そう感じるのは俺だけか(笑)

 

でもな、寝バックはちょっと違うぞ。

四つん這いのバックからのセックスと違って寝バックは長持ちするんだ(笑)

あと、寝バックは女も中イキしやすい体位でもある。

 

ってことで、今回は、

早漏にもおすすめの体位の寝バック

について紹介したいと思う。

 

寝バックってどんな体位?

女がイク前にイってしまう・・・。

とにかく早漏で悩んでいる・・・。

そんなやつは「寝バック」をチェックして、すぐにトライして欲しい。

 

実はこの寝バック、早漏回避の為のマストテクニックなのだ。

寝バックが身に着くと、セックスに自信を持てるようになるし、女も中イキしやすいから、互いに満足出来るのだ。

 

寝バックの体位は、うつ伏せになった女の上から男が挿入するスタイル。

男が寝ている女の上に、馬乗りになるような形だ。

 

セックスの体位は48手として示すが、その中にも寝バックは「敷き小股(しきこまた)」として存在しているぞ。

寝バックは、男からは女の後姿しか見えない。

 

だが、女の後ろから乳首を攻めたり首筋の愛撫も出来るから、より濃厚なセックスに繋がるぞ。

 

また、女がうつ伏せで寝た所に挿入するから、女のお尻が常に男のちんこや腹に当たる。

その為、女の肌の抜群な感触が、ちんこだけでなく全身に広がって男はとても気持ちが良いのだ。

 

バックの体位にもいろいろな形があるが、この寝バックは特に膣の締まり具合が適度な心地良さを生み出すから、男としては最高な体位。

女の喘ぐ声や、表情をバックから想像するだけでも興奮してしまうのだ。

 

とは言え、射精まではいかないから、早漏にとっては安全だぞ。

寝バックは、女の素肌を丸ごと感じられるスペシャルな体位。

 

早漏のやつは、やり方を正しく覚えて実践すればセックス中の焦りは無くなるし、心地よい気持ち良さだけが続くのだ。

一般的なバックのセックスについては、こっちのページ(バックからの挿入方法・腰の振り方と4つのセックス体位)に詳しく書いたから、まぁ読んでみてくれよな。

 

寝バックは、正常位と同じくらい楽な体位だ

正常位は、女は寝たままで良いし、男もただ腰を動かすだけと単純だよな。

しかし、バックとなると体位が難しい、上手く挿入出来ない等のイメージを持つやつが多い。

 

実はこの寝バック。

正常位と同じくらい楽な体位なのだ。

普通のバックでは、女は四つん這いにならなければいけないし、男も四つん這いの高さに腰を落とさなければダメ。

 

男も女も体位を固定する必要があるから、少しハードである。

それに対して寝バックは、女はうつ伏せで寝たまま。

男も女の上に馬乗りになるだけなのだ。

 

男の位置も女の位置も、常に固定されているから、普通のバックのようにすぐ抜ける心配もなし。

まとめると寝バックは、正常位のように特に何も考える必要がないって事。

 

失敗しにくい体位だし、男も女も余計な体力を使わずに済むぞ。

だから、寝バックは簡単にトライ出来るのだ。

 

寝バックは締め付けが弱くなるから早漏防止になる

冒頭で、寝バックは早漏にベストな体位だと言ったが、それは本当だ。

実はこの寝バック、正常位よりもぴったりと互いの身体が密着しない。

 

身体は固定されていて動きやすい体位なのだが、女のお尻がワンクッション(適度な邪魔)になるから、正常位よりも浅目の挿入で膣の締め付けも適度なのだ。

正常位やバックで射精したくなったら、すかさず寝バックに変えて気分をリセット。

 

激しいセックスでの休憩にも、便利な体位なのだ。

早漏のやつは膣の締め付けや、激しい動きに弱い。

寝バックなら女に無駄な動きをされないから、完璧に男がコントロール出来てしまうぞ。

 

射精しそうになったら寝バックで、刺激をシャットアウト。

これで早漏の痛い悩みは、あっさり回避出来るのだ。

 

もちろん寝バックの時には、女の背後から乳首やお尻、背中などを愛撫してやれば、たちまちセックスの上級者になれる。

すぐにイってしまうやつにマストな体位は、まさに寝バックだったのだ。

他にも早漏防止の方法はいくつかあるぞ。こっちのページ(射精を我慢できるようになる方法!早漏の俺でもできたコツ・トレーニング法)も参考にしてみてくれよな。

 

寝バックは中イキさせやすい

女の性感帯の代表と言えば、Gスポットだ。

このGスポットは、膣に中指を3㎝程いれた所にある。

Gスポットは少しくぼんでいて、手触りもザラっとしているから、見つけやすい。

 

そんなGスポットは、寝バックで女に効果的な刺激を与える事が出来るのだ。

寝バックの体位に変えると、Gスポットへの快感がパワーアップ。

 

さらに女の足が伸びた状態でバックから突かれる事で、さらに中イキしやすくなる。

女の多くはオナニーでも足を伸ばした状態を好むし、その体勢でさらにGスポットに刺激が加われば、もう中イキせざるを得ない状況になるのだ。

 

中イキ未体験の女も、寝バックだけで即、中イキ。

イきやすい条件が重なるとは、本当に最高な体位だよな。

 

中イキしやすい体位のせいか、女も結構寝バックを好むぞ。

 

寝バックに持っていく方法・やり方

さて、ここからはいよいよ寝バックに持っていく方法・やり方を説明しよう。

因みに、寝バックには3種類のやり方がある。

 

どの方法もコツを掴めば簡単。

マンネリした正常位を変えるのにも◎だし、射精したくなったヤバい時に使えるから実際のイメージをここで掴んでおいてくれ。

 

やり方がスムーズでなければ、どんなセックスも双方に冷めてしまうから要注意。

頭の中で体位をイメージしながら、チェックして欲しい。

 

寝バックに持っていくスムーズな体位の変更

正常位から寝バックに持っていく為には、スムーズが肝心だ。

3つの寝バックの種類をチェックしながら、やり方もマスターしよう。

 

分かりやすく順を追ってまとめてみた。

 

 「平行寝バック」(寝バックの基本)の手順

1. 女をうつ伏せに寝かさせて、後ろから挿入

2. 挿入時は女の脚を30度~45度くらい広げる

3. 挿入角度は大体、下30度~45度程度

4. 女の身体に平行になるように寝るが、体重をかけすぎない

5. ピストン運動を繰り返しながら、女の尻や背中を同時に愛撫

平行寝バックは、寝バックの基本中の基本。

 

文字通り、男と女が平行になる。

常に女と並行になるように、ピストン運動を続けたいが、女にかかる負担を考えて手や足を使って自分の体重を分散させるのがベストだ。

 

ピストン運動だけでなく、後ろからの愛撫も忘れずにすれば、女が圧倒的に中イキしやすくなるぞ。

正常位からうつ伏せにさせてスムーズに挿入出来ない場合は、女のお腹の下にタオルなどを敷いて高さを調整しても◎

 

男は女の太ももを両足で挟み込むようにすれば、かなり安定した動きがとれるぞ。

 

「上体起こし寝バック」の手順

1. 平行寝バックから、少し男の上体を起こす

2. 平行よりも男が女の上に馬乗りで座る感じで、突く

3. 基本的な寝バックと同様に女の背後から、愛撫をする

上体起こしバックの方が、寝バックよりも挿入が浅くなる。

 

身体を起こした分だけ、密着度が下がるからだ。

基本的な平行寝バックで射精しそうになったら、上体起こし寝バックにすぐ変えると◎

 

いままでイキそうだった感覚が薄れていくから、早漏のやつには間違いない体位だ。

女は、男が上体を起こしても膣への刺激やGスポットへの刺激に変わりはない。

 

だから、中イキはバッチリ出来てしまうのだ。

男にとっては一石二鳥の体位だよな。

 

平行寝バックの手順の後に男は上体を起こすだけの体位だから、気軽に変えられるぞ。

 

「腰浮かせ寝バック」の手順

1. 腰の下にクッションや毛布を挟む

2. 奥まで突ける角度を作って、ピストン運動を続ける

3. 女の背後から背中やお尻を愛撫する

腰を浮かせると射精までは早いから、この腰浮かせ寝バックは最後に使って欲しい。

 

角度がベストになると、あとはイクのみ。

腰を浮かせた角度は、男も女も最高に気持ちが良いのだ。

 

男も女も同時に中イキする事間違いない体位だから、フィニッシュの形として覚えておいて欲しい。

寝バックの基本~フィニッシュの寝バックまで手順をまとめてきたが、スムーズに体位を変更する為には、女の足を広げてから挿入すると◎

 

閉じたままの体勢だと、寝バック初心者は大変だ。

 

さらに、女が中イキしやすいように30度程度の角度はつけておきたい。

初めは正常位から始めて、女が濡れ濡れになっていれば寝バックもスムーズ。

 

キレイに挿れて、ナイス寝バックに取りかかってくれ。

 

寝バックで女をイカせる方法

寝バックでは、女が中イキしやすい事は分かったよな。

Gスポットをベストに刺激するから、中イキは簡単なのだ。

 

でも、まだまだ寝バックしながら女をイカせる方法はある。

それは、背中~うなじ周辺のの愛撫だ。

 

寝バックすると、女の背中は目前に迫る。

それを愛撫しない手はないだろ?

 

挿入しながら背中~うなじを愛撫すると、女は飛び上がるくらいの刺激に包まれる。

背後からでは分からないかもしれないが、もうすでに女がイってしまった可能性もあるのだ。

 

これに関連して、耳の愛撫も◎

耳元でいやらしい言葉をかける。

加えて小指で耳元をくすぐる等のイタズラをしながらピストン運動を続ければ、あっという間に女はイってしまうぞ。

 

さらに、お尻フェチの男にも朗報。

寝バック中に女のお尻の割れ目を、すーっとなぞったり、割れ目を愛撫するのもアリだ。

女は、とたんにゾクゾクと興奮して、中イキの前にイってしまう。

 

膣からビクビクとした振動が自然と伝わってくれば、女がこっそりイってしまっているサインだぞ。

女は1度イくと2度目がイキやすいから、その次はピストン運動の寝バックで中イキを狙え。

 

クリトリスも同時に刺激

寝バックは女の身体の全体を愛撫出来るから、テクニックによっては女がかなり喜ぶ体位だ。

目の前に広がる女のお尻や背中を愛撫する事はもちろん、女の前面にも背後から手を持っていける。

 

寝バックしながら、じわじわと女のクリトリスに手を持っていって、ピストン運動と同時に手の刺激を与えてやれば、かなり女はイキやすくなるぞ。

 

挿入でさえ感じているのに、腰の動きと同時にクリトリスも刺激されれば、快感でしかないのだ。

 

クリトリスは、優しく触る事がポイント。

強く擦ったり、指を激しく動かしてもダメだぞ。

 

力加減に自信がないやつは、手のひらをクリトリスの位置に置くだけで良い。

腰のピストン運動と同時に手のひらへクリトリスが擦られて、女はたまらない気持になるのだ。

 

寝バックしている間も、感じさせられる箇所は感じさせてやれ。

そうこうしているうちに、女は寝バックの虜になるぞ。

さらにセックステクニックを磨けば完璧だ!こっちのページ(【動画解説】セフレを長続きさせるセックステクニック※だれでも簡単にイカせられるポイント)でセックステクニックについてまとめているから読んでみてくれよな。

 

寝バックは女からも喜ばれる体位

早漏にベストな体位である寝バック。

早漏の男にとって、かなり都合が良いから、セックスでは必ず取りいれて欲しい。

 

では、女の気持ち良さはどうなんだ?

実は寝バックは女からもかなり喜ばれる体位なのだ。

 

寝バック未経験の女は、初めは戸惑うかもしれない。

やはりバックからの挿入は、互いの顔が見えない分、不安もあるのだ。

 

しかし、一度寝バックをされると、寝バックなしではセックスしたくなくなるのも女の特徴。

では、どうして寝バックが女から喜ばれるのかをチェックして欲しい。

 

寝てるだけだから楽な体位

正常位はセックスの中でも基本の体位だが、足を広げなければならないから、女は長時間の正常位で体力を消費しやすい。

 

また、正常位だけの挿入では互いに飽きてしまう事もあるから、濃厚で刺激のあるセックスとは違うよな。

一方、普通のバックは、女が四つん這いにならなければならない。

 

四つん這いは女の膝に負担がかかるし、腰を曲げた状態で耐えなければならないから、精神的にもリラックスしにくい。

結果としてバックではイキにくく、女にも好まれない体位になるのだ。

 

寝バックは、うつ伏せになるものの、足をピンとした状態で寝るだけ。

無理に足を開いたり、腰を曲げずに済むから女にとっては嬉しい体位なのだ。

うつ伏せでリラックスしたまま、快感を得る。

 

こんなに楽な事はないし、こんなに刺激的な事はないのだ。

正常位から体位を変える場合は、すぐに寝バックへ移って欲しい。

 

女は寝バックの快感から逃れられなくなるぞ。

 

顔が見えないのがGOOD

寝バックの体位では基本、女の顔は見られない。

しかしこれは、女にとって好都合なのだ。

 

寝バックは、中イキや普通にイクのに持って来いの体位なのだが、あまりに気持ちが良すぎて女は普段しないようなアヘ顔になってしまう事も。

そんな顔を見られたくない、と思う女心からだろうか・・?

 

寝バックは顔を見られずに済む体位として、女から絶大な支持を得ているのだ。

まあ、男にしてみれば、最高に感じている女の顔は是非とも拝見したい所だが、背後から表情を想像するのも悪くない。

 

どんな顔して感じてるんだ?

そんなワクワクに包まれながら、女を思い切りイカせてやれば良いぞ。

 

早漏だったら、女をイカせながら自分は休憩出来るし、女は男に見られていないから自由自在の表情で喘げるのだ。

 

中イキすることもあるし気持ちいい

正常位では、女の性感帯であるGスポットへなかなか刺激が伝わりにくい。

奥までがっつり挿入するスタイルだから、男ほど女はイけないのだ。

 

しかし、寝バックなら中イキも可能。

自然にGスポットを刺激するスタイルだから、意識せずとも中イキしてしまうのだ。

 

つまり女に、Gスポットを刺激されている意識はない。

寝バックは勝手にGスポットをじわじわ刺激する体位だから、女も身構えてはいないのだ。

 

身構えずに、リラックス。

そんな状況は、中イキにベストなのである。

よく分からないけど、イっちゃった・・・。

 

恥かしがりながらでも、そんな風に女をイカせてやればセックスに対する自分への評価も上がるぞ。

頑張って男がイカせるのと、体位とテクニックで自然にイカせるのとでは、女の興奮度が違う。

 

Gスポットを自然に刺激して中イキさせれば、セックスの内容にかなり女は満足する。

 

何故か不思議とイっちゃう・・・。

そんな声を女から聞くようになるぞ。

 

寝バックの注意点

男の早漏にも、女の中イキにも最高の寝バック。

女の気持ち・やり方は、もうイメージ出来たよな。

 

あとは、寝バックの注意点だけを抑えておこう。

寝バックは、手順からも分かるようにシンプルな挿入法なのは確か。

 

しかし、寝バックが向いていないやつもいるから、自分のちんこや女の身体を考えながら注意点をチェックしてくれ。

寝バックを完全に自分の物にするには、注意事項も守りたいよな。

 

ちんこが抜けやすい

正常位と違って膣の奥まで挿入しずらい寝バックは、早漏にとっては◎な体位だが、ちんこが抜けやすい。

膣の角度が安定してピストン運動はしやすい一方で、特にちんこが小さいやつは、すぐに抜けてしまうケースも。

 

だから、ちんこが小さくて正常位でもすぐ抜けやすいやつには残念ながら向かないのだ。

 

それと、射精をストップ出来るからと言って、激しく動かすのもNG。

激しく動かす事で、これまたちんこが抜けやすいぞ。

 

寝バックはあくまでも、同じ角度でリズム良くピストン運動を繰り返す事がコツ。

ちんこは小さくないけど、すぐに抜けてしまう場合は、女の膣の角度に問題があるかもしれない。

 

その場合は、女の腰の下にタオルや枕などを入れると良いぞ。

角度調整がばっちりなら、何の問題もなくスムーズにピストン運動は出来る。

 

膣が上付きの女には適さない

男のちんこがいろいろあるように、女の膣も人それぞれ個人差がある。

女の膣は、上付き・下付きと、位置が違う。

 

この中で、膣が上付きの女では挿入時に擦れたり刺激が強すぎる事で、痛がるケースがあるのだ。

寝バックは基本、女に喜ばれる体位ではあるが、女が痛がったり嫌がればすぐに中止する事。

 

膣が上付きの女には、適していない認識を持つように。

まずは、女の反応を見ながら寝バックを続ける事がポイント。

 

女が良い反応を示していなければ、他の体位に即変える事だ。

自分の都合ばかりでセックスをしてはいけないって訳だな。

 

アナルに挿入してしまうことも

これは実際よくある事だが寝バックのピストン運動が激しすぎて、抜き差ししているうちにアナルへ挿入してしまうケースだ。

男も女も感じ過ぎて夢中で寝バックをすると、膣から逸脱してしまう事もある。

 

アナルにちんこが入れば痛がる女もいるし、嫌悪感を抱く女もいる。

日本人の多くの女は、アナルへの挿入に抵抗があるのは事実。

男だって、アナルを好むやつはそれほど多くないのだ。

 

間違ってアナルに挿入したからって、そのまま続ければアナル嫌いな女には辛い。

酷く痛がってセックス中止に・・・なんて事もあるだろうな。

 

寝バックは、確実に膣へ挿入する事。

膣から間違ってアナルへ移行しないように、気を付けてもらいたい。

 

女の身体と並行するように、ねっとり動かしていけば間違いないぞ。

クリックしてくれると喜びます。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が参考になった。チンコが立ったという人はぜひコメント残していってください。
(寝ぼけて書いてる時があるのでおかしいときも教えてくれると嬉しいです。)
↓↓↓↓

-セックス
-, , , ,

Copyright© 風俗・出会い系ブログ【ひろしのガチエロ体験談】 , 2019 All Rights Reserved.